薬剤師の転職の際の注意点

薬剤師の免許は国家資格なので、一度取得すれば(日本国内であれば)一生使うことができます。 そう言った意味では転職やブランク明けの復職には非常に有利な仕事です。 ただ、有利な資格があるからと言って、転職が容易というものではありません。 薬剤師は地域によっては過剰気味なところもあるため、安易に転職を考えるのはよくありません。 転職をするためには、なぜ転職したいのかをしっかりと考えてみる必要があります。

また、転職先は慎重に選ぶことが大事。 薬剤師は免許制なのでその基本の能力は認められていますが、転職を繰り返すとやはり「長く勤められない人」という印象を与えてしまいがちで、良い就職先を自分から逃してしまうことになりかねません。 転職自体は悪い事ではありませんが、出来るだけ長く勤められるような職場を選ぶようにしましょう。 また、いくら能力が高くても転職試験や面接に通らなければ転職はうまくいきません。 採用試験の内容・回数などは薬局などによって違いますが、対策はしっかりと。