薬剤師になるには

薬剤師になるには、医系大学の薬学部に入学するのが第一歩。 この薬学部で6年生の薬剤師養成課程を履修、単位を修得することで薬剤師国家試験の受験資格を得ることができます。 また、4年制の薬学課程に進学した場合は、卒業後に薬学系大学院に進学して残っている教育を受けます。 いずれにしても薬剤師になるためには6年という長い専門教育が必要です。

薬剤師に長い専門教育が必要なのは、薬剤のプロフェッショナルとして専門的で高度な知識・技能が必要なため。 薬剤の中には使用法を誤ると命が危険にさらされるものもあるので、徹底した教育が行われます。

また、薬剤師の国家資格ですが、これは難関です。 薬学部に進学しても全員が国家資格を受験するわけではなく、薬剤師になるのを諦めてしまう人も多いので注意して。 現在日本には非常に多くの薬学部を持つ大学がありますが、学校によって薬剤師の輩出数は違うので必ず事前にリサーチをしておきましょう。 薬学部は理系学部で学費も高く、教育機関も長いので学校をきちんと選ぶことが大切です。